八重地(やえじ)徳島県

山間地に広がる田んぼ

料理に添える葉っぱビジネスで名高い町。ブナ原生林の残る高丸山を仰ぐ地区には、小高い丘に田が開け、スダチの畑も広がる。

  • 交通:徳島市から車で100分/徳島道脇町ICから車で130分
  • 特産:つまもの(葉っぱ)、スダチ
  • 直売:いっきゅう茶屋(2階は美愁湖を望む軽食・喫茶店)0885-46-0198
  • 宿問い合わせ:上勝町役場産業課 0885-46-0111
  • 関連ウェブサイト:上勝町産業課

※ 交通アクセスや店舗情報などは、お出かけ前にご確認ください。

※ 車ナビは、里を訪れる際の目標ポイントを数値化したマップコードで、()内が施設名や地点です。地図では★で示しました。カーナビのマップコード検索で利用できます。

2017年02月27日

ガイド にほんの里100選 グリーンパワー2017年3月号から

ブナの山を仰ぐ棚田
 
 四国には珍しいブナの原生林が残る高丸山(標高1439m)を仰ぐ集落が八重地。第二次世界大戦中には、ブナを伐(き)って飛行機のプロペラを作る話が持ち上がったが、地域の人々が徳島県庁まで出かけて直談判し、水源の森を守った話が伝わっている。

棚田を残す八重地の景観

棚田を残す八重地の景観


 
 小高い丘に拓(ひら)かれた棚田は、今も山腹の谷から引かれる水によって豊かに潤う。圃場(ほじょう)整備が施されたものの、景観を重視して自然に近い曲線的な形を残しているのが特徴だ。周囲にはスダチやユズなどの畑も広がる。
 
 地区内に立つ国の重要文化財・田中家住宅(内部は非公開)は1685(貞享2)年の建築だ。茅葺(かやぶ)きの古民家を活用しようという計画もある。
 
(グリーンパワー2017年3月号から転載)

サイクル旅日記
ふれあい、自転車の旅
にほんの里100選をめぐった記録
崔宗宝、バリトンの旅
にほんの里100選をめぐる
オペラ歌手 里の歌旅